5月2013

肌荒れに摂りたい栄養素

肌荒れにお困りの時は美肌づくりに欠かせない、 「たんぱく質」 「ビタミンA」 「ビタミンC」 「ビタミンE」 「ビタミンB類」などをバランスよく摂るように心がけると効果的です。

たんぱく質 たんぱく質 体の機能を維持し、円滑に。肌をみずみずしく保つ働きも。

たんぱく質 食べ物

ビタミンA  食べ物 ビタミンA 不足すると潤いがなくなり、皮膚が硬くなったり肌荒れやシワの原因に。

ビタミンA

ビタミンC ビタミンC コラーゲンの生成を助け、弾力肌づくりには欠かせません。ニキビ跡の色素沈着も防ぎます。

ビタミンC 食べ物

ビタミンB ビタミンB類 ビタミンB2は皮膚の新陳代謝を促します。B6は皮膚の抵抗力を高めます。肌にハリと弾力を与えます。

ビタミンB 食べ物

参考になったでしょうか???なかなかバランスよく栄養素をとるのは難しいですが、お肌の為にがんばりましょう!!

炭酸水の意外な効果まとめ★

★エネルギー消費力のアップ

炭酸ガスが血管の中に入ると酸素不足になり、その酸素が不足した血管内では血流が増加するらしく人間が走っているときと同じ状態であり、その結果健康やダイエット効果に繋がっていくようです。

★疲労回復

炭酸は筋肉の疲労物質である乳酸を積極的に体外に排出し、疲労回復を促進させる効果があるそうです。

★デトックス効果

炭酸ガスにより血行が促進され、体内の老廃物の排出が早まります。

★美肌効果

炭酸水は素肌に良いとされている弱酸性で抗菌作用を持っているので、肌を痛めずに細菌を抑制してくれます。酸素の25倍もの透過性をもち肌によく浸透して、毛穴に詰まった汚れをすっきりと取り除いてくれるようです。

★便秘解消

炭酸水を飲むと、炭酸によって胃の粘膜が刺激されて、ぜん動運動が起こり、活発になると、便秘の人にはお通じが良くなるそうです。

★効果的な使い方

運動後に

食前または食事をしながら飲む

美肌効果を求めるなら150mlくらいをこまめに摂る

本当にぬるめのお湯による入浴でリラクゼーションって必要なのか?

入浴は、体と心の疲れを同時にとってくれる、非常に優れたリラクゼーション法とのこと。ストレスによって高ぶった交感神経は、40度くらいのぬるめのお湯にゆっくりつかることで鎮まり、リラックスしてくるそうです。
心身がほぐれてくると、ストレスによって収縮していた末梢の毛細血管が広がり、血液の流れがよくなるとのこと。血行がよくなると新陳代謝がよくなり、体内の疲労物質の処理が活発になるため、疲れがとれ、リフレッシュできるのだとか。
心臓の弱い方は、肩までしっかりつかってしまうと水圧で心臓に負担がかかり、逆に心拍数が上がってしまうため、心臓に負担をかけない「半身浴」がおすすめとのこと。お湯の深さをみぞおちまでにし、39~40度くらいのぬるめのお湯に、ゆっくりつかりましょう。肩が冷えると感じたら、乾いたタオルを掛けてください。
なぜぬるめのお湯がいいのでしょうか? それは、熱いお湯に入ると急激に血圧が上がるから。高血圧の人はもちろん、血栓ができている人の場合は、血管を圧迫してしまうので危険とのこと。とくに冬場など、浴室内の温度が下がっているときには、血管が収縮して狭くなっているので、急に熱いお湯に入ると脳梗塞や心筋梗塞を起こすこともあるそうです。さらに、熱いお湯は血小板の働きを活発にするため、血栓ができやすくなるとのこと。くれぐれも注意してください。

急に暖かくなりましたね(#^.^#)

お昼はもう暑いぐらいですよね~

みなさんは夏が好きですか??営業や外のお仕事の方は、夏嫌いってよく聞きます(^-^;

夜はまだ少し肌寒いので着る物に困っています…。

この季節は黄砂や花粉でお肌が敏感になっている時です。

私も去年のこれぐらいのシーズンに肌荒れしてしまって皮膚科に行って、フェイシャルでお肌のお手入れ

すごうがんばったのを覚えています。普段からケアしているとターンオーバーが正常にと整うことにより肌荒れも

しにくくなるので、普段のお手入れって本当に必要だと思います。

今、お肌にお悩みかかえている方、前からフェイシャルマッサージに興味がある方是非一度ご来店ください(#^.^#)

GWももうすぐ終わりですね(>_<)

みなさまはどこかにお出かけされましたか??

交替でお休みいただいて淡路島まで温泉旅行に行ってきました。

お天気も良くて本当に癒されました(#^.^#)たまには自然を見てゆっくりする事も

必要だなと思いました。

少し食べ過ぎてしまったので、節制します(*_*)