四ツ橋、心斎橋駅近く、リラクゼーションサロン、フェイシャル、脱毛

年齢を重ねていくごとに、スキンケアだけでは、老化を予防できません…。
毎日の生活の中で、人間関係や、仕事で寝る時間が遅くなったりと、知らず知らずの内に体はストレスを感じています。
そのストレスがお肌には大敵なのです。
ストレスがかかることにより、「副腎」という臓器に負担をかけるのです。 その、「副腎」という臓器は50種類以上のホルモンを分泌してくれてる臓器です。そこに負担がかかることにより、筋力を低下させたり、老化の原因の活性酸素を発生させたりするのです。
ではどうしていったらいいのか…ですよね(#^.^#)…
まず大切なのは、 「副腎を疲れさせない食事」を心がけることです。
1・精製された白いもの、甘いもの、 など、血糖値を上昇させるものを避ける
白米、砂糖、精製塩、うどん、パスタ、白いおもち、白い小麦粉、 白いパンたちは、 GI値が高く、「糖化現象」が起きやすい食品です。
その他にも、にんじんやジャガイモなど色々ありますが、 GI値が60辺りのものを中心に、 バランスよく摂るのがお勧めです。
2・過度に空腹な時間を出来るだけ作らない事。
あまりの空腹から一気にあtベルということをすると 血糖値のジェットコースターになってしまいます。 過度に空腹を感じる時間を作らないようにしましょう。
3・夜にビタミンCを摂る
通常、ストレスホルモンのコルチゾールは 深夜に一旦、グッと下がって明け方に向かって上昇します。
寝ている間にコルチゾールを分解して、 悪さをしないようにしてくれるのが、 DHEAの役目なのですが、
これをサポートするのがビタミンCです。
なので、夕食や寝る前辺りに ビタミンCを摂っておくと、寝ている間に コルチゾールによる酸化を防ぐので、 老化に歯止めをかける手助けをしてくれます。
副腎疲労に明らかな効果があると言われています。
レモンの20倍のビタミンが入っている ローズーヒップティーや、 生のレモンを絞ったレモン汁やレモン水など
上手に使ってビタミンCを夜に補充していきましょうレモン 朝、すっきり起きられるようになりますし、 コラーゲン生成の助けにもなります。
見た目の老化を著しく進める副腎の疲労を 毎日のセルフケアで取ってあげることで、 老化の速度は変わってきます。
努力あるのみですね(*’ω’*)ストレス怖いです(笑)